「卒論が進まない」に一番効果のあった処方箋とは?

スポンサーリンク



こんにちは。

やまざきたかし( @yamazaki_1205 )です。

最近、所用で母校の大学に行く機会がありました。

その際、学部の建物も見てきたのですが、特に変わったところもなく、当時の記憶が色々と蘇ってきました。

 

大学といえば、学びの集大成として卒業論文(卒論)がありますね。

 

ぼくは会計学のゼミに在籍していて、4年生の時に会計関連の卒論を書くことになりました。

 

が…!

 

ある時「このペースじゃ間に合いそうもないな。締め切りが迫ってもできる気がしない…。」と気づいたんです。

 

ただ、あることをした結果、担当教授から「着実に進めていた」とのコメントをもらえるほど、ペースアップができました。

今回は、そんな当時の出来事を振り返ってみます。

「卒論が進まない」に一番効果のあった処方箋とは?

「発表のための発表」では、卒論は一文字も進まなかった

ぼくが所属していた会計学のゼミでは、3年生は会計に関するテーマを毎回扱い、4年生は各自の卒論のテーマに沿って発表をしていくスタンスで運営されていました。

やまざき
「毎回3人の発表」を順番に回していくスタイルだったよ。

ここで、冒頭の「間に合いそうもない」につながってきます。

それは、ぼくが発表する回が来ても、対処療法的に関連テーマを取り上げてその日を乗り越えることをしてきたからです。

 

すなわち、「発表のための発表」をしていたんですね。

 

事前に、教授から卒論に関する概要は聞いていたので、内容的にも文字数もまったく進んでいないのが引っかかってきました。

卒論はとにかく「文章ベース」、手を動かして進めた

そこで考えたのが、自分が発表する回を卒論の中間報告として、レジュメではなく、とにかく「文章ベース」になったものを配るというものでした。

確かに、きちんと卒論を制作していく手順を考えれば、構成を考えてから取り掛かるのがあるべき姿だと思います。

ただ、それによって何も進まなくなるよりは、とにかく途中からでも、つたない文章でも書こうと決めたのでした。

“普通”はA4のレジュメ一枚程度を準備していくところ、ぼくはまとめる気ゼロで、何枚もの用紙に文章を書きなぐって臨みました。

やまざき
ゼミで使う資料は、申請をすれば無料でコピーさせてもらうことができたけど、あまりの量に怪しまれていたかもしれない…。

初めてこのやり方で臨んだ当日に他のゼミ生が見せた「こいつ、なんかめちゃくちゃ進めてるぞ…!」というリアクションはよく覚えています(笑)。

「卒論が進まない」に一番効果のあった処方箋・まとめ

結局、そのサイクルが回り始めた結果、比較的ピンチの度合いも軽い状態で提出の直前期を迎えることができ、あの時なりに納得のいく卒論ができたと感じています。

ブログを筆頭に文章を書く際、すぐに手が止まる今の自分にこそ必要なことかもしれない…。

そんなことを思い出した母校の大学訪問でした。

それではまた。

スポンサーリンク