ドリームキラーの出現は吉兆?その正体は〇〇だった!

スポンサーリンク



こんにちは。やまざきたかし( @yamazaki_1205 )です。

「ドリームキラー」があらわれた!

何か新しいことを始めようとして、「ドリームキラー」にジャマされたことはありませんか?

ドリームキラーとは、あなたに対して文字通り「夢を殺すもの」です。

それは親兄弟であったり、会社の上司であったり、友人であったりします。

あまり親しくない人である場合もあれば、本当に親しくて信頼していた人である場合もあります。

この人たちは、言葉として「どうせムリだよ」「やっていけるわけがない」「悪いことは言わないからやめておけ」とったことをぶつけてきてくれます。

ぼくも用語としてのドリームキラーは知っていましたが、以前の勤め先を辞める前後、“本物”数人と出会うことになりました。

 

やまざき
「こんなことを言えるんだ…!」とビックリしたよ。

 

一般的には「心を強く持つ」とか「無視する」とか「向かい風と捉える」など、耐えたりやり過ごしたりするのが対処法になってくると思います。

しかし、ぼくはこれから紹介する小池浩さんの書籍『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』によってドリームキラーの認識が変わったんです。

ドリームキラーの正体はあなた自身の「心のビビリ」

ドリームキラーは一見、あなたの前に立ちはだかる単なる障害に思えるかもしれません。

しかし、実は自分自身の「心のビビリ」を表していると知っておくと、対処がしやすくなります。

登場人物(?)として、「宇宙」さんが著者の「コイケ」さんに対してレクチャーをする形式で本書の物語は進んでいきます。

その中で、こんなことを言っているんです。

ドリームキラーはオーダーした本人の潜在意識のザワつきや不安をそのまま目の前に出現させたもので、大きなヒントだ。コイケの場合で言えば、慣れ親しんだ状況を手放したコイケ自身が、正確にはコイケの潜在意識がまだ変化に対応しきれていないために「これでいいのだろうか」と不安になっている。その不安を誰かがそのまま見せてくれているってわけだ。よく、「相手は自分の心の鏡だ」というが、そのとおり。相手は、自分の潜在意識を映す鏡だ。

「オーダー」は自分自身から発している思いや願いとイメージしてもらえればいいでしょう。

確かに、ドリームキラーに対して不快感や怒りを感じる気持ちは分かります。

しかし、ここで何かを言い返しても得られるものはありません。

やまざき
ちなみに、小池浩さんの1日セミナーでは、ドリームキラーを「他人の口は神の口」と表現されていたよ。それも踏まえて…。

ドリームキラーへの対処は自分自身への対処

不快感や怒りで返すのではなく、「この人は“役割”として自分の思っていることを言葉にしているんだ」と分かれば、対処法も変わってくるでしょう。

それは、これからやろうとしていることについて、「改めてオーダーをする」ことだけです。

オーダーの例えとして、このように紹介されています。

潜在意識は、これまで100円のカップラーメンばかりオーダーしていたおまえが、突然3000円のステーキをオーダーしたことに躊躇し、「いいの? 本当にいいの? かなっちゃうけど、いいの?」とビビっているわけだから、自分のオーダーに対して自信を持って堂々と「イエス」と答えろ。

改めて自分のオーダーをすることで、ドリームキラーの声は消えてしまうようです。

言われてみれば、ぼくのやろうとしていることついて、ドリームキラーの声は聞こえなくりました。

やまざき
いい傾向のようだね。

ドリームキラーとの出会いまとめ

  • ドリームキラーの正体は自分自身の「心のビビリ」
  • ドリームキラーへの対処は「改めてオーダー」をするだけ

人はとかく新しいことへの不安を持ってしまうもの。

そう考えれば、ドリームキラーとの出会いも必然なのかもしれません。

そんな時は自分自身の覚悟が試されていると思って対処しましょう。

それではまた。